5つのコンセプト

6次産業化・地産地消法は平成23年3月1日、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」、通称「6次産業化法」が施行されました。六次産業化法は、地域資源を有効に活用し、農林漁業者等による事業の「6次産業化」に関する施策並びに地域の農林水産物の利用の促進に関する施策(「地産地消等」)を総合的に推進することにより、農林漁業等の振興等を図るとともに、食料自給率の向上等に寄与することを目指しています。

エーエフ企画のコンセプトは以下の5つの趣旨にまとめられます。

  1. 「食の安全・安心」を図る
  2. 地域素材を使った「地産地消」
  3. 地域雇用の促進
  4. 鹿児島農林水産業の再生への貢献
  5. 6次化によるワンストップ効果

エーエフ企画は契約農場にて農産物を生産し(石沢農園)=第1次産業、契約農場にて生産された農作物及び他社より持ち込まれる鹿児島県産の農林水産素材を活用した企画・加工(OEM)=第2次産業、エーエフ企画の持つ販売ノーハウを活用したネット販売や郵便局での通販を主にした運営=第3次産業を遂行しています。

1×2×3=6次化により地域産品の需要拡大、雇用の開拓等公益性の高い企業として運営してまいります。